2021年06月25日

茅の輪が設置されました

青々とした生命力溢れる茅の輪が境内に設置されました。

茅の輪とは、「疫病を除ける」といわれる日本の伝統的な自然物です。スサノオノミコトが「疫病が流行したら、茅の輪を作って腰につけると疫病から免れる」と伝えたところ、本当に無事平穏にお過ごしできたお話に由来します。

この茅の輪をくぐる1300年以上続く日本の伝統神事「夏越の大祓」が、6月30日(水)17時よりございます。
半年間のツミケガレを祓い清め、残り半年間の無病息災を願う神事となります。どなたでも参加できますので、ご家族皆さまお揃いでご参列ください。
ご参列をご希望の方は、6月30日(水)16時55分までに服部天神宮のご本殿前にお越しください。

また、ご参列が叶わない皆さまも7月6日(火)まで境内に茅の輪を設置しておりますので、おくぐりいただき、半年の諸々の災厄を祓い清めて、身も心もお整えください。

皆さまが日々穏やかな生活ができますよう心よりお祈り申し上げます。