2020年05月19日

新型コロナウイルス感染症の神社対応と祈願祭について

①新型コロナウイルス感染症の神社対応
新型コロナウイルス感染症に対し、当神社と致しましても状況を見極めつつ、予防及び感染拡大防止の対策を講じて参りたく存じます。
下記の対応を実施しておりますので、皆様方のご理解とご協力をお願い申し上げます。

◯参拝者並びに職員の安全と健康を考慮し、神社職員は、マスク着用にて授与所対応させていただいております。

◯参拝や祈願祭におきましてマスクは着用した状態で問題ございません。

◯ご祈祷受付、授与所におけるお札・お守りと御朱印の授与は通常通り行っております。

◯毎日のお日供祭は滞りなく奉仕致します。

◯郵送によるご祈祷とお守りのお申し込みを承っております。病気平癒のご祈祷のお申し込みと病気平癒・健康成就のお守りを郵送授与いたしております。ご希望の方は、下記のメールアドレスもしくは電話よりお申し込みください。

服部天神宮社務所
電話番号:06-6862-5022
メール:info@hattoritenjingu.or.jp

②新型コロナウィルス感染症流行鎮静祈願祭
当神社では、毎月1日、10日、15日、25日の午前9時からの月次祭、毎日のお日供祭におきまして、「新型コロナウィルス感染症流行鎮静祈願祭」を斎行しております。

ご祈願とは、皆さまが神様のご神徳をいただかれ、それぞれのお願いごとが叶いますよう、神職が皆さまと神様との仲をとり持ち、神様にお祈りを捧げることです。

新型コロナウィルス感染症流行鎮静祈願祭では、新型コロナウィルス感染症の拡大に対して、医師をはじめとする国民全体が一致団結することで、災いが一刻も早く終息することをご祈念致します。
当宮の主祭神として祀られている「少彦名命」は、医薬・病気平癒・健康の神様として崇敬を集めております。

少彦名命は、神代の昔、大国主神と協力して国土を治められ、さらに遠く海外の地をも巡られて、医薬の方法を定められました。また当地でも、足の病に悩む菅原道真公が村人の勧めにより医薬・病気平癒・健康の神様「少彦名命」をまつる天神祠にご自身の足の病気平癒を祈願され、不思議にも足の病は治まりました。少彦名命のご神徳によって足の病から快復された道真公は、ふたたび九州へと旅立たれ、無事に太宰府へ到着されました。

医薬・病気平癒・健康の神様「少彦名命」のご神徳により、新型コロナウィルス感染症の拡大を防ぎ、一日も早い事態の沈静化と皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます。

お問い合わせ先
服部天神宮 社務所
〒561-0851 大阪府豊中市服部元町1-2-17
電話: 06-6862-5022 Fax: 06-6862-4241
Email: info[at]hattoritenjingu.or.jp